スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SP1とかmp4とかH.264とか


ニコニコがSP1になりましたね。
それにともなってMPEG-4/AVCの投稿に対応しました。当日は一番乗りするぜー!!とメンテ前からmp4を準備。全裸待機で待ちかまえていたのですが、いざ投稿してみるとエラー。何度やってもエラー。orz

結局あれやこれやと一日中試して、まともに投稿出来た時には、既に次の日の昼でした。相変わらず一筋縄ではいきませんニコニコ!zoomeの時は一発だったんだけどなぁ・・・。

どうやらaviutlの拡張x264出力(GUI)を使って出力したmp4だとエラーに出くわす確率が高かったようです。この辺りは、VFR(可変フレームレート)非推奨というニコニコの仕様と、2パスで出力すると映像が出ないというプラグイン側の不具合(?)が重なってしまっていた点に大きな原因があったみたい。

問題の回避方法は、てってってーの中の人がまとめてくれるそうなのでおまかせするとして(笑)、自分はmp4とかH.264とかって部分について簡単に説明してみようと思います。

追記
てってってーPがまとめてくれました。ほんと無茶振りですいませんw 感謝!
てってってーのなんとか AviUtl+拡張 x264 出力(GUI)まとめ

↓続きを読みたい人は以下から↓

そもそもmp4とは何かというと、一言でいうなら「コンテナ」です。コンテナとは文字通りの意味でコンテナ、つまり箱です。
動画ファイルとは、このコンテナの中に「映像」と「音声」、場合によっては「字幕」なんかが入る事によって形成されています。その他のコンテナとして、aviやflv、mkvなどがあります。

次にH.264。これはコーデックと呼ばれるものです。この場合のコーデックとは、映像を圧縮するためのソフトの意です。
無圧縮aviを使ったことのある人ならわかると思いますが、何も圧縮しなかった場合の動画ファイルはとんでもないサイズになります。
ですので普通はコーデックを使って映像を圧縮します。その他のコーデックとして、Divx、WMV9、VP6なんかがあります。今までニコニコで使ってたのは3つめのVP6ですね。

では、何故今までVP6というコーデックを使っていたのに、mp4になった途端H264なのか?

その答えは極々単純で、mp4がVP6に対応していないからです。コンテナの仕様はそれぞれ異なります。そして対応しているコーデックも異なります。

例えば、FLV。FLVはVP6、H.263といったコーデックに対応しています。ですので、これ以外のコーデック、例えばDivxなどを使ってFLVを作ろうとしても不可能なのです。

逆に、mp4はDivxに対応しています。ですので、Divxを使ったmp4を作成することは出来ます。しかし、ニコニコにアップできるのは、mp4の中でもH.264/AVC(映像がH.264、音声がAAC)という方式なので、必然的にH.264でエンコしなければならないのです。

以上、簡単にmp4やらH.264について説明しました。どっちかというと、動画ファイルとは?の説明になっていた気もしますが(汗)

まぁ、なんていうか・・・ややこしいよね、全く(笑)
スポンサーサイト

| 虹々ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kumogoe.blog116.fc2.com/tb.php/115-0ebebaeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)