スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”1年”


あのEDまでの再考とスタートラインについて

過去最大級に長いよ!くさいよ!
なので格納



春香はどれだけ転んでもくじけない強い子ですか?

プロデューサーは春香の想いを踏みにじった酷い奴ですか?

春香にとってプロデューサーは必要な存在ですか?

プロデューサーにとって春香は必要な存在ですか?

”1年”という時間はアイドルマスターにとって特別な意味を持ちます。
特に、春香のプロデューサーとそして春香にとって、それはとてもとても重要なファクターなのだと思います。
SPでああいうEDを迎えられたのも、”1年で活動停止”という無印における絶対のルールがなかったから、と言っても過言ではないと思います。

プロデューサーは、結果がどうであれ”1年で活動停止”させるという事を初めから知っていました。
だから、彼は春香を立派なアイドルとして育てようとします。1年後、春香が一人でしっかりと歩けるように。

対して、春香は”1年で活動停止”するなんて考えはこれっぽっちもありません。
だから、永遠とは言わないまでも、プロデューサーとの今の関係がずっと続く、続いて欲しいと思っていたはずです。
春香がプロデューサーに対して好意を持っていたのは明らかです。しかし、その想いを伝えようとはあのEDまでしませんでした。
もし、”1年で活動停止”しなければ、春香がプロデューサーに想いを伝える事はなかったのかもしれません。

春香は明るくて、前向きで、転んでも必ず起き上がって。それが世間一般の春香に対する印象だと思うし、事実そうだと思います。
しかし、彼女が自分自身に自信を持っているかというと、必ずしもそうでないと思っています。

春香はプロデューサーに依存している帰来があります。
それは千早のような依存とはまたちょっと違うかもしれませんが。

春香をプロデュースした人ならわかると思いますが、彼女はよく「プロデューサーさんのおかげ」という言葉を使います。
春香は、自分の事を歌も上手くない普通の子だと認識しています。恐らく、自身にアイドルとしての才能があるだなんて考えていません。
だから、「自分がここまでこれたのはプロデューサーさんの力が凄いからだ。プロデューサーさんのおかげなんだ」と思い、自分自身に今一つ自信が持てないでいるのかもしれないと思いました。


53週目、活動停止を告げられた春香は否応なく選択を迫られます。
即ち、”アイドルとプロデューサーという関係のまま別れる”か”玉砕覚悟で自身の想いを伝えるか”です。
しかし、最後の最後までその結論を出すことは出来ません。
だから、彼女はラストライブの結果に全てを託します。もし、成功すればその時は想いを伝えようと。

そして、あのED。

プロデューサーは何故、春香の想いを受け入れなかったのでしょうか?
正直、ここは十人十色、プロデューサーの数だけ考えがあると思うので割愛。でも、少なくとも春香の事を蔑ろにしているわけではない事はわかると思います。
セリフ回しがやっぱりアレですけどねw
あと、凄く卑怯です。ああいうセリフを言われたら、春香さんとしては引くしかなくなります。大人ってずるいと思います。

ちなみに、自分の中の答えは”怖かったから”かなって思ってます。
今でも怖いです。

ともあれ、春香とプロデューサーは別々の道を行くことになり、春香は笑顔でお別れします。

そういえば春香さんって自分より他人に対して一生懸命になれる人ですよね。
あるいは自分より他人の優先度が高いと言い換える事が出来るかもしれません。
無印だけではあまり感じないかもしれませんが、SPやドラマCDをプレイした(聞いた)ら良く分かる気がします。

そんなこんなで最後のメールです。

EDを知っている人は多くても、最後のメールまで知っている人は意外と少ないような気がします。

あのメールを春香がどういう気持ちで書いたのか僕は知りません。
あのメールをどういう気持ちで読んだのか、それは人それぞれでしょう。

たぶん、ここがスタートラインです。

その先に行くというのは、本当に本当に大変な事なんだと思います。
正直、その先に行った人を僕は知りません。
その先を描いた人なら知ってますが、本当の意味でその先へと行った人を僕は知りません。

だから、僕は”さよなら。”の後の物語を見守りたいと思います。

アイドルマスター 春香 「太陽のジェラシー (Balearic Mix)」 -Last Song- - 黒犬と白猫


そして、僕はまだスタートラインにすら立てていないわけで……
スポンサーサイト

| 虹々ホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kumogoe.blog116.fc2.com/tb.php/250-6cda3ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)